cloverカードで銀行の時間外手数料が無料に!

北海道の地方銀行である北洋銀行系のカードです。
銀行窓口を訪れた際に、担当者に勧められて加入しました。
年会費は、初年度無料、2年目以降は一般カードの場合税込1,375円、kitacaやsapicaなど交通ICカード付帯の場合は税込み2,750円、ゴールドカード税込11,000円となりますが、電気料金や携帯電話料金をカード決済にすることで年会費無料にできます。
交通ICカードタイプにすると、ICカードの残料金が不足した際に自動チャージができるので、残金を気にしたり、ラッシュ時に改札で止められることがないので便利です。
ポイントは、付帯国際ブランドのポイントサービスに準じて付与されます。JCBは「Oki Dokiポイントプログラム」、DC「ハッピープレゼント」。
JCBカード場合、クレジットカード毎月の合計額
税込1,000円ごとに1ポイントです。
利用履歴以外にも決済口座の利用状況により、給料振込や年金受取、公共料金等口座振替、定期預金、投資信託、ローンなどでもポイントが付与されます。
貯まったポイントは、ポイントプログラムカタログ商品と交換できます。
また、JCBの場合は、ANA、JALのマイレージに1ポイント3マイルで交換も可能。
さらに、最大のメリットはキャッシュカードとして利用できる多機能カードで、決済指定口座の時間外手数料が無料になることです。24時間、365日、手数料を気にせず現金を引き出せてとても便利です。
ポイント還元率が低いことや、ゴールドカード以外の一般カードには海外旅行保険が付帯していないなどデメリットもありますが、通勤でICカードを利用する人はサブカードとして持っているとメリット大です。

動画配信サイトの支払いはクレジットカードで

普段、あまりクレジットカードを使うことのない私ですが、あるサービスに関しては、必ずクレジットカードを使うようにしています。それは、動画配信サービスと、レンタルサービス(DVDやCD)です。これらのサービスは、基本的に現金での支払いに対応していません。また、デビッドカードの支払いも対応していないところが多く、クレジットカードによる支払が一般的となっています。まあ、よくよく考えてみると、今挙げたサービス、特にレンタルサービスの場合、信用というのは非常に重要なポイントになってきますよね。その際、クレジットカードを所有していれば、すでにそれ相応の信用が保証されているということになります。貸す側としても、安心して貸すことができるわけなんですねえ。このように、クレジットカードというのは、単なる支払い方法としてではなく、所有者の信用を認めてくれるといった側面も有しているので、持っておいて損はありません。それに、世の中には、クレジットカードが無ければ利用できないサービスもたくさんありますからね。いざという時のために、作っておいた方がいいのではないでしょうか。ちなみに私は、現状3枚のクレジットカードを所有していますが、メインで使っているのは1枚だけです。

クレジットカードのポイント

最近ではクレジットカードを利用しなくてもクレジットカードの提示のみでもポイントが貯まるというシステムが多くなってきました。ドラッグストアのポイントとクレジットカードのポイントが両方貯まるので月に1度はお米は調味料等生活必需品をまとめて購入しポイントを貯めています。なるべくカードを利用する時はそのカードを使う事にしていますポイント重視なので、年会費無料が基本で付帯サービスはあまり気にしていません。セブンイレブンのnanacoでもクレジットカードからのチャージができるので月に5000円分チャージしてそこから支払いをしています。公共料金なども同じクレジットカードで引き落としにしてあり、月に2000円分位はポイントをもらえています

クレジットカード審査の流れはこうなっています

クレジットカードの審査基準を簡潔に説明すると、1に年収、2に勤務先(勤務形態)3、4がなくて、5に借金です。特に年収と借金の有無は大切です。年収が低いと無条件ではじくカード会社も多いですし、同様に借金がかなりあると、どこのカード会社でもはじかれます。ただ、この審査基準はカード会社によって、あるいは申請するカードの種類によってまちまちなので、年収がぜロに近い人でも、会社を選べばカードを作ることが可能です。だから、年収や勤務先などの条件が厳しい人は、審査基準がゆるいカード会社を選んで、そこにカード作成の申し込みをするといいでしょう。申し込み先を選んだら、次は書類に必要事項を記入して送るだけです。書類を郵送で送る場合、ネット上で送る場合、色々やりかたはありますが、書かなければならない必要事項は同じです。(必要事項の内容は年収、勤務先、電話番号、住所、借金の有無などです)その必要事項を記入したら、後はカード会社に送るだけですが、この時、身分証が必要になります。なので、運転免許証やパスポートをコピーして、郵送などの手段で送らないといけません。それ以外にも、カードの利用代金を引き落とすための銀行口座と、その銀行口座を開設するときに使った、銀行印が必要になります。カードを申し込む段階になって、「あれ、この銀行口座の銀行印、どこにあったかな」ということが結講ありますので、カードを申し込む前に、新しく銀行口座を開設しておくとよいでしょう。(それなら銀行印がどこにいったか、どのハンコが銀行印だったか、悩む必要がありません)それらのものを用意、提出したら、後はカードが発行されるのを待つだけです。この時、勤務先の会社に在籍確認をされる場合がありますが、何か面倒な事を聞かれたりするわけではないので、いつも通りに過ごしていれば、問題がありません。在籍確認に通れば、いよいよカードの発行です。カード会社によって微妙に違いますが、だいたい申し込みから1週間~10日程度で送られてくることが多いです。送られてきたカードはすぐに使える状態になっているので、到着後すぐにそのカードを使って買い物をしても問題ありません。ちなみに、カード審査に通らなかった場合、手紙かメールで連絡がきます。その場合、そのカードを2度と手に入れることが出来ないのかと言うと、そんなことはありません。なので、どうしてもそのカードが欲しければ、半年、1年経ってから、再度申し込みをするとよいでしょう。

クレジットカードの年会費は月単位で見れば安いものが多い

クレジットカードは年会費が無料のものもありますけど、年会費がかかるものもあります。したがって、年会費が無料のものの方が金銭的にお得という感じがすると思います。しかし、年会費がかかるクレジットカードであっても、そんなに高額なものは多くありません。年間で1000~2000円くらいのものも結構あるので、そうなると1か月あたりの負担額は100~200円程度です。意外と安いと感じる人も多いはずですが、年会費を負担するケースとしないケースでは、付帯サービスの内容にも差が出てくるので、より充実した付帯サービスを利用できるのに月額100~200円で済むならば、かなりお得と言えると思うのです。したがって、無料のものと有料のもので1か月あたりの負担額に差がほとんどないと言えるならば、年会費がかかるクレジットカードを利用した方が望ましいという場合もあるということになります。

高島屋クレジットカード

百貨店、高島屋のクレジットカード年会費はゴールドカードが10000円、通常のカードは2000円となっております。ポイントは高島屋でのお買い物で、ゴールドカードが8~10%、通常カードは8%です。高島屋のショッピングセンターでは3%と、ポイント率が低いです。また、他の店舗でも使えますが、0.5~1%とポイント率は更に低くなります。年に数回ポイントアップウィークがあり、カードによってポイント率が2%高くなる時期もあります。付帯サービスとしては、駐車場のある店舗で購入額により、駐車料金が無料となります。平日であれば購入しなくてもクレジットカードがあれば無料となる駐車場もありますので、車を利用される方には持っているだけでお得なカードです。

楽天カードはいろいろお得

クレジットカードは複数枚もっていますが、現在は楽天カードをメインに利用しています。楽天カードの年会費は無料で入会すると当時は7000ポイントもらえました。また、これまで自分が使用していたクレジットカードではポイントが一定の量まで貯めないと使用することができなかったり、ポイントの交換先があまり魅力的ではなかったのですが、楽天カードの場合は貯まったポイントは楽天市場の買い物ですぐに使用することができるのですごく嬉しいです。また、ガソリンスタンドで楽天カードを使用するとポイントも貯まりますし、これまで貯めたポイントを使うこともできるので、最近ではガソリンスタンドでポイント使用するのがメインになっています。

クレジットカードについて特に便利だと感じていること

普段の生活の中でクレジットカードを使っていて便利だと感じることも多いですが、私自身が特に便利だと感じていることは2つあります。1つ目はネットショッピングの支払いについてで、以前はネットバンキングを利用していたのですが注文後に振込のメールが来るまで待ってから支払うのが面倒でした。クレジットカードはネットバンキングと違って支払いが楽で面倒な手間が無かったので、そこについては特に便利だと感じています。また利用に応じてポイントがつく点も便利だと感じていて、ポイントは様々な用途に使えるので非常に役立っています。私自身はネットショッピングを利用する時などにポイントを使うことが多いのですが、得をすることができていると感じています。クレジットカードは非常に便利だと感じているので、日常の買い物だけでなく電気代や携帯料金の支払いにも利用しています。

nanacoチャージでポイントが貯まるクレジットカード

電子マネーのnanacoを使用しているので、どうせならチャージしたらポイントが貯まる方が良いな、と思い、新しくクレジットカードを作りました。nanacoはチャージできるクレジットカードの種類は多いですが、チャージでポイントがつくものは少ないんですよね。昔は多かったようですが、次第にサービスが見直されてしまい、現在は少なくなってしまいました。nanaco一体型になっている「セブンカードプラス」も候補に入れていたのですが、セブンイレブンなどの提携店以外のショッピングでの還元率は0.5%と渋め。イトーヨーカドーも近所にはないし、あまりメリットはないかな、と思って還元率が1.2%のリクルートカードを選択しました。ただ、2018年4月にリクルートカードもポイント付与対象が月3万円まで、という決まりができてしまいました。いつまでポイント付与されるのか、少し不安です。

マルイのエポスゴールドカード

マルイのエポスゴールドカードを使用しています。マルイのゴールドカードは希望して作ると年会費5000円かかりますが、マルイからインビテーションが届いて作ると無料です。私は後者で作りました。使用して良いと思ったところは空港ラウンジが無料で利用できることです。旅行前の楽しみな気分がラウンジ利用することで倍増し、優雅に過ごすことができる嬉しいサービスです。携帯電話の支払い、街中やネットでの買い物もエポスカードを利用するようにしています。貯まったポイントの有効期限がなく、また利用金額によって(年間50万円?)ボーナスポイントがもらえるからです。他にも選べるポイントアップショップというサービスもあり、対象内によく利用するショップがあれば、3店舗まで登録ができ、通常は200円1ポイントが3倍になります。私は交通機関を登録し、定期券購入の際はこのサービスでポイントをたくさんもらいました。このようにクレジットカードは調べてみるとお得で便利な機能を備えていることが多いので、定期的にカード会社のHPをチェックすることが大事だと思います。


Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/czguvws5/public_html/wp-includes/functions.php on line 4669