クレジットカードの審査基準を簡潔に説明すると、1に年収、2に勤務先(勤務形態)3、4がなくて、5に借金です。特に年収と借金の有無は大切です。年収が低いと無条件ではじくカード会社も多いですし、同様に借金がかなりあると、どこのカード会社でもはじかれます。ただ、この審査基準はカード会社によって、あるいは申請するカードの種類によってまちまちなので、年収がぜロに近い人でも、会社を選べばカードを作ることが可能です。だから、年収や勤務先などの条件が厳しい人は、審査基準がゆるいカード会社を選んで、そこにカード作成の申し込みをするといいでしょう。申し込み先を選んだら、次は書類に必要事項を記入して送るだけです。書類を郵送で送る場合、ネット上で送る場合、色々やりかたはありますが、書かなければならない必要事項は同じです。(必要事項の内容は年収、勤務先、電話番号、住所、借金の有無などです)その必要事項を記入したら、後はカード会社に送るだけですが、この時、身分証が必要になります。なので、運転免許証やパスポートをコピーして、郵送などの手段で送らないといけません。それ以外にも、カードの利用代金を引き落とすための銀行口座と、その銀行口座を開設するときに使った、銀行印が必要になります。カードを申し込む段階になって、「あれ、この銀行口座の銀行印、どこにあったかな」ということが結講ありますので、カードを申し込む前に、新しく銀行口座を開設しておくとよいでしょう。(それなら銀行印がどこにいったか、どのハンコが銀行印だったか、悩む必要がありません)それらのものを用意、提出したら、後はカードが発行されるのを待つだけです。この時、勤務先の会社に在籍確認をされる場合がありますが、何か面倒な事を聞かれたりするわけではないので、いつも通りに過ごしていれば、問題がありません。在籍確認に通れば、いよいよカードの発行です。カード会社によって微妙に違いますが、だいたい申し込みから1週間~10日程度で送られてくることが多いです。送られてきたカードはすぐに使える状態になっているので、到着後すぐにそのカードを使って買い物をしても問題ありません。ちなみに、カード審査に通らなかった場合、手紙かメールで連絡がきます。その場合、そのカードを2度と手に入れることが出来ないのかと言うと、そんなことはありません。なので、どうしてもそのカードが欲しければ、半年、1年経ってから、再度申し込みをするとよいでしょう。